メニュー

ご遺族の方死亡事故と慰謝料

死亡事故と慰謝料について

交通事故(死亡事故)によりお亡くなりになった場合、お亡くなりになったご本人分の慰謝料及び一定の範囲のご遺族の慰謝料が認められます。
死亡慰謝料の金額については、自賠責保険の基準と、裁判基準(裁判をした場合に裁判所が認める金額の基準)があります。

自賠責保険について

自賠責保険は強制加入の保険で、最低限の補償を受けられるように設けられた保険制度です。自賠責保険では、死亡による損害として、葬儀費、死亡者の逸失利益、慰謝料、ご遺族の慰謝料が支払われます。

自賠責補保険で支払われる死亡事故の慰謝料は次のとおりです。

  1. (1)死亡事故の場合のご本人分の慰謝料 350万円
  2. (2)死亡事故の場合のご遺族の慰謝料 550万円
  • 請求者一人の場合は550万円、二人の場合は合計650万円、三人以上の場合は合計750万円となります。
  • 被害者に被扶養者がいる場合には、上記の金額に200万円が加算されます。
  • 慰謝料の請求権者は被害者の父母(養父母を含む)、配偶者及び子(養子・認知した子を含む)です。

裁判基準について

死亡事故における慰謝料額の裁判基準として、いわゆる赤い本では次のように記載されています。(「赤い本」とは、『民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準』という赤色の本のことで、裁判所や弁護士等が実務上、損害賠償額を算定するのに参照している本です。)

  1. (1)2800万円:一家の支柱に当たる方がお亡くなりになった場合
  2. (2)2500万円:母親・配偶者がお亡くなりになった場合
  3. (3)2,000万円~2,500万円:その他の方がお亡くなりになった場合

ここでいう「一家の支柱」とは、被害者の方の世帯が主に被害者の収入によって生計を維持している場合をいいます。また、「その他」の方とは、独身の男女や、子供、幼児、無職の高齢者等のことです。

上記の基準は、あくまで一般的な目安の金額で、個別具体的な事情によって慰謝料の金額は増減することがあります。また、上記の基準は、ご本人とご遺族の分も含めた死亡慰謝料の総額の基準になります。

慰謝料の増額事由としては、たとえば、事故態様の悪質性(飲酒運転、危険な運転、赤信号無視など)や、加害者の対応の悪質性(ひき逃げ、不合理な主張、事故後の態度)、被害者側の特別な事情等を考慮することがあります。

死亡慰謝料については、上記のような自賠責基準や裁判基準がありますが、加害者の任意保険会社からは上記の裁判基準よりも低い金額で賠償提示がなされることがあります。

そのため、被害者側のほうから裁判基準で慰謝料額を算定したうえ、積極的に慰謝料増額事由を主張することが重要です。慰謝料の金額はある程度の幅がありますので、死亡事故の結果生じた悲しみや苦しみをきちんと加害者側に伝える工夫をすることが重要です。

死亡事故の場合、慰謝料額だけで数百万単位の差が出てくることはよくあることです。弁護士が代理しない場合、保険会社は上記の基準よりも低額の慰謝料を示談案として提示してくることがありますので、死亡事故の被害にあわれた場合には、弁護士に一度ご相談されるのがよいと思います。