メニュー
交通事故知識ガイド損害賠償額の計算方法

交通事故と治療

交通事故と治療のポイントについて

解説者の弁護士川崎翔

ここでは、事故の被害にあった場合の治療のポイントについて解説します。

事故の被害にあった場合,健康保険の利用をおすすめるのは以下のような場合です。

  • 被害者の過失が大きい場合。
  • 保険会社から治療費の打切りにあった場合。

病院によっては治療の際に健康保険は使えませんという対応をする医療機関がありますがそれは間違いです。交通事故の治療であっても健康保険は使用できます。
のちのち過失相殺が問題となる事例や過剰診療が問題となるような事案では健康保険を治療の際に使用しているかどうかによって最終的に受領できる金額が変わってしまうこともあります。

適正な治療を受けましょう。

被害者の中には仕事が忙しい、面倒等の理由により適正な治療を受けないままとなっている場合があります。このような場合、後で争いになると、治療を受けていない=治療不要な程度の痛み、治っていると言われてしまうことがあります。また,慰謝料・休業損害の算定の際も治療の日数・期間によって差が出る場合があります。適正な治療を受けるようにしましょう。

主治医の判断を尊重しましょう。

保険会社によっては,主治医に対して治療の打ち切りについての打診をしてくるような場合があります。主治医に対して現在の状況をきちんと告げて、主治医が治療を継続するのが望ましいという判断をすることができるようにしましょう。

ここでは、事故の場合の治療のポイントについて解説しました。