メニュー
交通事故知識ガイドむちうちと交通事故Q&A

むちうちにはどのような症状がありますか?

首の痛みやしびれなど様々ですが損傷した部位によって症状の現れ方が異なります

むちうちの主な症状をまとめます。

頚椎捻挫に分類されるむちうち

首の回りの筋肉やじん帯の捻挫で症状が現れます。
痛みは、首の前後や頭部に現れます。首から肩、背中にかけて筋肉のコリを感じるほか、首を伸ばすと痛みを感じ、首の可動域が制限されます。体にしびれやだるさを感じることもあります。

神経根症状に分類されるむちうち

神経根と呼ばれる脊椎から出ている神経の根元部分を損傷するために神経症状が現れます。
首の痛み、しびれ、後頭部の痛みなどが現れます。首を一方向に引っ張る、首を曲げたり、回すなどの動作をすると痛みが強くなります。

脊髄症状に分類されるむちうち

脊椎や足の方に伸びている神経が傷つくのが原因で発症します。
足にしびれが起こり、歩行障害が現れます。膀胱や直腸に影響が現れて排尿・排便に障害が出ることもあります。

脳髄液減少症に分類されるむちうち

髄液の圧力が急上昇した時にクモ膜が裂け、脳脊髄液が減少して発症します。
首の痛みや、頭痛、めまい、吐き気などが起きます。視力障害や記憶力の低下が起きることもあります。

バレ・リュー症状(後部交感神経症候群)に分類されるむちうち

椎骨動脈の血流が悪くなって、頭痛や首の痛み、難聴、めまい、耳鳴り、吐き気などが起こります。
腕のしびれや胸に圧迫感を感じることもあります。

むちうちと交通事故Q&A一覧へ戻る