メニュー
交通事故知識ガイドむちうちと交通事故Q&A

むちうちの治療費はどのくらいかかりますか?

自動車事故の場合は自賠責保険を使うので自己負担はありませんが、スポーツなどの転倒が原因の場合は基本的に健康保険で3割負担で治療を受けます。

むちうちになる事故のきっかけで最も多いのは自動車事故ですが、その他にもスポーツや日常生活上のアクシデント、就業中の事故などがあります。

自動車事故でむちうちになった場合は、加害者側の自賠責保険で治療費が支払われるので、治療費を病院や接骨院の窓口で支払う必要はありません。
ただし、自賠責保険は最低限の保証金額を定めており、ケガの補償、ケガの種類に関わらず、120万円が上限です。それ以上治療費がかかる場合は、加害者側の任意保険会社と示談をしてその後の支払いについて話し合いを行います。

スポーツや日常生活で激しく転倒するなどしてむちうちになった場合は、健康保険で自己負担3割を払って治療を行います。
旅行中にスキーやスノーボードなどのスポーツをしたことが原因でむちうちになった場合、国内外の旅行傷害保険が適用されて保険金が支払われることがあります。旅行中のスポーツでケガをした人は、旅行や治療に関する書類や領収書を捨てずに保管しておき、保険会社に保険の適用ができるかどうか問い合わせてください。

就業中の事故でむちうちになった場合に、会社が労災保険に加入していれば労災が適用されます。労災の申請をした上で、労災の指定病院で治療を受ければ、自己負担はありません。

むちうちと交通事故Q&A一覧へ戻る