メニュー
交通事故知識ガイドむちうちと交通事故Q&A

むちうちの症状固定とは何ですか?

リハビリや投薬で一時的に症状が快方に向かってもじきに元に戻って症状が完全に消えない状態です。

むちうちの症状固定とは、むちうちの症状が安定したので、医療行為を行っても、その効果が期待できない状態を指します。
この場合、医療行為には、研究途上もしくは実験段階の治療方法は含まれません。

むちうちが症状固定と判断されると、その時点で残っている症状は、後遺症と考えます。後遺症が残ると、それ以降の人生でさまざまな影響を及ぼすので、自賠責保険では、後遺障害の補償があります。
後遺障害の認定には、症状固定の診断が不可欠ですが、いったん症状固定と診断が降りると、賠償期間が終わり、それ以降の治療費は基本的に請求できません。むちうちが原因の症状がまだ続いているので、治療費を受け取るのを優先するか、後遺障害の認定を申請するか、症状固定は、むちうちの治療の過程における重要な分かれ道と言えます。

リハビリを受けたり、薬を飲むことで、少しむちうちの症状が快方に向かっても、じき元に戻って一進一退を繰り返すような場合は、症状固定と判断されます。
このように、医学的に大きく症状が改善する見込みがないにもかかわらず治療を加害者側に負担させないようにするのが、後遺障害の認定制度です。後遺障害の認定を受けることにより、加害者側は治療費の負担に終止符を打つことができ、被害者側はまとまった金額を受け取ることができます。

むちうちと交通事故Q&A一覧へ戻る