メニュー
交通事故知識ガイドむちうちと交通事故Q&A

むちうちの通院期間の目安は?

3ヶ月が一区切り、自覚症状の出方によってその後の治療を考えましょう。

むちうちは、受傷後はそれほど自覚症状がなかったのに、時が経つにつれて症状が重くなったり、治療を続けてもなかなか症状が改善しないことが珍しくありません。通院期間が長引いて、むちうちの治療を続けてもそれ以上症状が改善しないと医師が判断する状態を症状固定と言います。
症状固定に至る通院期間の目安は3ヶ月です。

むちうちの原因となる事故に遭ってから3ヶ月経っても症状が改善しない場合は、症状固定の診断を受けて後遺障害の申請を行い、後遺症の認定を受けた場合は、その後遺症の名称に従って定められた慰謝料が支払われます。

ただし、むちうちは他のケガと違って、自覚症状が主な所見なので、医学的な証拠に乏しいため、後遺障害の認定を受けるのは容易ではありません。症状固定をしても、認定が却下されれば、その後の治療費は本人の健康保険を使って行うことになり、加害者側には請求できません。
そのため、むちうちの治療は、症状固定を行うかどうかの判断の目安となる3ヶ月の通院期間に適切な治療を受けることが大事です。

症状が重くて3ヶ月では完治の見込みがない場合は、早急な症状固定の診断を受けずに、加害者側の任意保険会社と交渉をしながらその後の支払いについて話し合いをする必要があります。

むちうちと交通事故Q&A一覧へ戻る