メニュー
交通事故知識ガイドむちうちと交通事故Q&A

追突事故に遭ってむちうちになった場合、誰が治療費を支払ってくれますか?

自賠責保険は交通事故被害者の救済が目的なので、過失責任の過多に関わらず治療費を請求できます。

追突事故に遭ってむちうちになった場合は、加害者側の保険を使って治療をするので、基本的に、被害者は医療機関で支払いをする必要はありません。
ただし、いくつかの例外があります。例えば、加害者が無免許運転や、飲酒運転などで追突事故を起こした場合、加害者が加入している任意保険会社は、免責事項に該当するとして、保険金の支払いを拒否することがあります。
そのような場合は、「第三者行為の届け出」を提出して、自分の健康保険を使って治療を受けることができます。

追突事故のような自動車事故は、一方が加害者で相手が被害者となります。
自賠責保険は、加害者と被害者の過失割合に関係なく、むちうちなどのケガをした方が被害者、させた方が加害者という捉え方をします。この点が、自賠責保険と任意保険の大きな違いです。
任意保険は、被害者側が加害者側に損害賠償を請求しますが、自賠責保険は、加害者と被害者どちらであるかに関わらず自動車事故に遭った人を救済する保険です。

追突事故に遭った双方が示談をしてむちうちの治療などの話し合いがまとまった結果、加害者が被害者に賠償金を支払った場合、示談書と領収書を自賠責保険に提出すれば、加害者請求によって支払いを受けることができます。
このように、自賠責保険は追突事故の当事者双方を救済する仕組みになっています。

むちうちと交通事故Q&A一覧へ戻る