メニュー
交通事故知識ガイドむちうちと交通事故Q&A

湿布はむちうちに効果がありますか?

事故直後の炎症を抑える効果があります。

むちうちの初期症状の一つに、肩や首回りの痛みやコリがあります。
湿布をして体が感じる温かさや冷たさはあくまでも体感であって、症状緩和にはどちらを使っても構いません。自分が気持ち良いと思う方を選びます。

むちうち直後の痛みを緩和するために市販の貼り薬を貼って自分で応急手当をした場合、病院に行くまではできるだけ安静に過ごします。湿布を貼ったら痛みや違和感のある部位を揉んだりねじったりしないようにしてください。炎症が進行してむちうちの症状が悪化する恐れがあります。

動けるようになったら、症状が軽くなったと安心してそのままにせずに、病院で精密検査を受けてください。病院では、市販薬には使用することが禁じられているケトプロフェンという痛み止めを配合した貼り薬など、市販の湿布薬とは違う種類の外用薬を処方してもらえます。

病院に行かずに自己判断で市販の湿布を長く使い続けるのは避けましょう。
事故後、なかなか症状が消えないからと言って、何ヶ月も湿布を使い続けていると、首回りや肩の筋肉を冷やし続けることになって症状改善の妨げになります。事故からある程度の期間が経つと、理学療法ではケガをした部分を温めるのが基本ですので、特に冷湿布を使い続けるような習慣は避けてください。

むちうちと交通事故Q&A一覧へ戻る