メニュー
交通事故知識ガイドむちうちと交通事故Q&A

交通事故のむちうちはなぜ治療のお金を病院で払わなくて良いのですか?

交通事故のむちうちは、一般のケガで自分の健康保険を使って治療をするのと異なり、病院の窓口では治療費を支払いません。交通事故でむちうちになった場合、加害者と被害者が存在します。それぞれの場合に誰がどのように支払いをするのかを説明します。

交通事故の加害者でむちうちになった場合

自賠責保険に加入している自動車の所有者か運転者が人身事故を起こした場合、に自賠責保険でケガの治療にかかる費用(治療費、休業損害、慰謝料)を120万円まで補償されます。
補償は、被害者1名につき120万円まで支払われ、ケガをした人数が多いからといって補償が減ることはありません。

交通事故の被害者でむちうちになった場合

加害者の自賠責保険で治療費が支払われます。加害者が任意保険に加入している場合は、120万円の上限を超えた場合は超えた治療にかかる費用は任意保険会社が支払います。

治療をしても症状が変わらないと判断されると、症状固定の診断書を作成して、損害賠償上は治療費の支払いが終了します。
その後は、加害者と被害者が損害賠償について話し合いを行って慰謝料の金額が決定します。加害者が任意保険に加入していれば、保険の契約内容に基づいて保険会社から被害者に慰謝料が支払われます。

むちうちと交通事故Q&A一覧へ戻る