メニュー
交通事故知識ガイドむちうちと交通事故Q&A

追突でむちうちになった後の治療費はいつまで補償されますか?

治療中の治療費は保険で支払われますが、症状固定日以降の治療費は支払われません

車に乗っている時に追突されてむちうちになった場合、治療費は加害者側の自賠責保険で支払われます。
事故の直後に病院で診察してもらい、全治1週間の頸椎ねんざという診断書をもらったが、その後1週間以上経っても症状が治まらない場合は、再び病院で診察を受けて、痛みや違和感をきちんと説明して医師にむちうちの正しい診断をしてもらいましょう。

むちうちの症状が治まって治療にめどが立つと、その後は示談に入ります。示談を始めるタイミングは、完治したと本人が認めて治療を終了したか、もしくはそれ以上治療を受けても症状が改善しない「症状固定」と医師が診断した時です。症状固定日以降の治療費は保険会社からは支払われないので、自分の健康保険を使うことになります。
そのため、症状固定日は、むちうちの損害賠償の上で重要な意味を持っています。

症状固定後に後遺障害等級が認定されると、逸失利益、慰謝料などが後遺障害による損害として賠償されます。一方、追突によるむちうちの後遺障害が認定されなければ、ケガの損害が補填されて賠償は終わります。

追突後、ケガの治療に定期的に通っていない場合は、

治療がそれほど必要な状態ではなかった

という判断材料になって、示談になった時に被害者が不利になることがあります。
仕事や日常生活が忙しくても、治療中は、あまり間を空けずに定期的に通院することが大事です。

むちうちと交通事故Q&A一覧へ戻る