メニュー
交通事故知識ガイドむちうちと交通事故Q&A

むちうちではどのような保険を使って支払いが行われますか?

加害者が自賠責を使って治療費を支払いますが、保険会社を通さずに話し合いで解決しようとすると後日トラブルに発展することがあります。

むちうちになったら、保険で治療費が支払われるという説明を良く聞きます。この場合、保険とは自賠責を指します。むちうちの治療を受けるために整形外科や開業医を訪れても、自分の健康保険は必要ありません。

むちうちの被害者が治療費を自分で支払わなくても良いのは、警察に自動車事故(人身事故)の届け出をして、自賠責で支払いをすることが認められた場合です。自賠責によるむちうちの治療費は、1人あたり120万円を上限に、ケガをした人すべてに支払われます。自賠責は、加害者と被害者の区別なく支払われるのが特徴です。例え、追突事故の加害者だが、自分自身もむちうちになったような場合、加害者側も自賠責が補償します。

自動車の事故直後に、追突をした加害者から「たいした事故ではないからお互いに示談で済ませよう」と言われることがありますが、交通事故を警察に届け出ないと、事故証明書を発行してもらえません。
すると、後から痛みが出て治療を受けようと思っても自賠責保険を使えないので、自分の健康保険を使わなくてはならないため、3割の自己負担が発生します。

保険用語で言う示談とは、任意保険会社を通じて損害賠償などの話し合いを指します。軽い追突事故で、事故現場で自覚症状がなかった場合でも、警察と保険会社への連絡はすみやかに行ってください。

むちうちと交通事故Q&A一覧へ戻る