メニュー
交通事故知識ガイドむちうちと交通事故Q&A

人身事故の被害者となってむちうちになった時の支払いはどのように行われますか?

自賠責保険で120万円まで支払いを受けられるので、自己負担なしに治療を開始できます。

人身事故でむちうちになった場合は、加害者側、被害者側のいずれでも自賠責保険を使って治療を行うので、自己負担なしに治療を開始できます。
自賠責保険の傷害(ケガ)による損害の補償限度額は120万円です。治療費 、入院中の看護料、通院交通費 、慰謝料入通院1日につき4,200円などが含まれます。

自賠責保険は、自動車が車検を受ける時に必ず加入しなければならない自動車保険です。加害者の車が自賠責保険しか加入しておらず、被害者がむちうちになった場合に治療費が自賠責の限度額を超えた場合は、加害者が示談でその後の支払いについて被害者と話し合いを行います。

自賠責保険は強制保険なので、必ず加入しなければなりませんが、その義務を怠って自賠責保険に加入しない車を運転している人が人身事故の加害者になるケースもあります。多くの場合、そのような加害者には治療費や慰謝料の支払い能力がないか不足しています。
そのような場合に、被害者が泣き寝入りにならないように、政府保障事業という国による救済制度があります。

この制度を利用すれば、無保険車が原因でむちうちになっても、自賠責保険の上限を基準として被害を補償してもらえます。

むちうちと交通事故Q&A一覧へ戻る