メニュー
交通事故知識ガイドむちうちと交通事故Q&A

気功はなぜむちうち症に効くと言われるのですか?

自律神経を整えるので、神経系統にトラブルが起きたむちうち症の改善に働きかけると言われます。

気功とは、予防医学や自然治癒力、免疫力の観点から、体に「気」と呼ばれるエネルギーを呼び込む代替医療の一種です。主に呼吸法のトレーニングを中心に行われ、自律神経の働きを高めるため、健康増進に役立つと言われています。

むちうち症になった人の多くは、筋肉や腱の炎症だけでなく、神経症状を伴います。
むちうちで強い衝撃を受けた首の骨のすぐ近くには、自律神経の神経中枢が走っているので、強い力で引っ張られることにより、近くの神経が影響を受けるからです。気功は自律神経のトラブル改善に働きかけると言われます。自律神経を整える上で気功がプラスに働きかけるため、むちうち症に気功が効くと感じる人もいます。

膨大な臨床データと研究を元に治療を行う西洋医学の信頼性はゆるぎないものですが、神経系統の治療は、人によって原因や状態が異なるため、人によっては長い間リハビリを受けてもむちうち症が良くならないことがあります。
代替医療のみに治療を頼るのは、現代医学の効果に背を向けることになるのでお勧めできませんが、不快症状がなかなか取れないような時は、気功を選択肢に取り入れるのも良いかもしれません。ただし、気功は交通事故対応ではないので治療費は自己負担になります。

むちうちと交通事故Q&A一覧へ戻る