メニュー
交通事故知識ガイド損害賠償額の計算方法

逸失利益と慰謝料

交通事故における損害賠償請求・保険金請求の場合、逸失利益・慰謝料という損害の項目があります。ここでは、逸失利益と慰謝料の違いについて解説します。

1. 逸失利益とは何か

逸失利益とは何かについては法律上対立の激しい分野です。差額説・労働能力喪失説とうの学説の対立があります。
しかしながら、実際の裁判や保険金請求においては、逸失利益とは、「後遺症が残ったことにより発生する損害をある程度定型化して計算したもの」ととらえればよいでしょう。

2. 慰謝料とは何か

交通事故における慰謝料とは「被害により苦しんだ精神的苦痛を金銭に評価したもの」と言えます。

3. 逸失利益と慰謝料の違いについて

上記のように、逸失利益と慰謝料については法律上明確に意味は異なります。
しかしながら、実際には、逸失利益と慰謝料については金額の計算の方法が異なる、後遺障害によって発生する2つの損害という風に理解しておけばよいと思います。たまに、保険会社による示談書案を見ると、後遺症による逸失利益の項目がなく逸失利益が0円になっていたり、逸失利益と慰謝料をまとめて計算していたりということがありますので注意が必要です。

4. 逸失利益と慰謝料の具体的な計算方法について

実際には、逸失利益・慰謝料共に、ある程度定額化された基準があります。もちろん、個別具体的な状況によって逸失利益の計算方法・慰謝料の計算方法は変わってきます。
後遺障害がある場合の逸失利益・慰謝料は一般に高額となることが多く、保険会社と示談をする前には一度弁護士等の法律の専門家に確認してもらった方がよいでしょう。

5. 逸失利益と慰謝料は後遺障害がある場合、一番金額が高額となるケースです。

他の項目の金額に比べて、1桁・2桁違ってくる場合があります。他の部分の立証で細かい領収書を集めることももちろん大切ですが、一番金額が変わってくるところを重視することが一番正しい方法だと考えます。逸失利益・慰謝料の増額に集中するということが、適正な賠償額を受け取る近道です。

ここでは、逸失利益と慰謝料について解説しました。