メニュー
交通事故知識ガイド後遺障害等級

後遺障害10級

Q後遺障害10級とはどのような後遺障害が残った場合でしょうか。
A後遺障害10級とは以下のような後遺障害の1つが残った場合となります。
  1. 1眼の視力が0.1以下になったもの
  2. 正面を見た場合に複視の症状を残すもの
  3. 咀嚼又は言語の機能に障害を残すもの
  4. 14歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  5. 両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
  6. 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
  7. 1手のおや指又はおや指以外の2の手指の用を廃したもの
  8. 1下肢を3センチメートル以上短縮したもの
  9. 1足の第1の足指又は他の4の足指を失ったもの
  10. 1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
  11. 1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの

後遺障害10級の慰謝料について

後遺障害10級の場合、裁判での標準の慰謝料は550万円です。

赤い本(平成30年)によると、一番高い事案で800万円という事案があります。
これは、後遺障害10級であることに加えて看護師という職業で両目の麻痺という障害が出ていることを考慮しています。

手・足・目・耳等は、片方のみの後遺障害である場合と、両方の障害である場合で、日常生活や仕事に与える影響が著しく異なることもありますので、いかに双方が障害を受けることにより不利益を受けているかを証拠を付けて主張することが重要です。

後遺障害等級10級の慰謝料の具体的基準について

  • 裁判での標準額 550万円
  • 赤い本での最高額(平成30年版) 800万円

後遺障害10級で注意すべき点

後遺障害10級で一番多いのが、上肢、下肢の関節の機能に著しい障害を残す後遺障害です。
これは、計測の数値が基準を満たしていることに加えて、可動域制限の原因がきちんと証明できていることが必要です。

傷病によっては、なかなか画像所見が出なかったり、事故当初には不明であったもの等もありますので、事故当初からの相談により、確実に証明をしていくことが必要です。