メニュー
交通事故知識ガイド後遺障害等級

後遺障害14級

Q後遺障害14級とはどのような後遺障害が残った場合でしょうか。
A後遺障害14級とは以下のような後遺障害の1つが残った場合となります。
  1. 1眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
  2. 3歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  3. 1耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
  4. 上肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの
  5. 下肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの
  6. 1手のおや指以外の手指の指骨の一部を失ったもの
  7. 1手のおや指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することができなくなったもの
  8. 1足の第3の足指以下の1または2の足指の用を廃したもの
  9. 局部に神経症状を残すもの

後遺障害14級の慰謝料について

後遺障害14級の場合、裁判での標準の慰謝料は110万円です。

赤い本(平成30年)によると、一番高い事案で300万円という事案があります。これは、後遺障害14級の後遺障害認定が3つあるケースです。14級の後遺障害等級がいくつあったとしても、併合等級は14級のままです。
(12級以上の後遺障害が2つ以上あると、併合等級で等級が繰り上げになります。)

後遺障害等級が14級のままであったとしても、認定箇所が1つの場合と2つ以上の場合では、症状の程度は異なります。2つ以上の14級の後遺障害を負った方も最後まであきらめず、後遺障害慰謝料の増額を獲得しましょう。

後遺障害等級14級の慰謝料の具体的な額について

  • 裁判での標準額 110万円
  • 赤い本での最高額(平成30年版) 300万円

後遺障害14級で注意すべきポイント

一番多い後遺障害が14級です。外貌醜状や局部の神経症状は一番よくある症状です。

局部の神経症状(むちうち等)の14級は具体的な細かい認定のための要素がありますので、検査結果をきちんと後遺障害診断書に記載してもらう必要があります。

外貌醜状については、医師の判断によりますが、事故後6ヶ月経過時点で症状固定とした方がよいことが多いです。