メニュー
交通事故知識ガイド後遺障害等級

後遺障害9級

Q後遺障害9級とはどのような後遺障害が残った場合でしょうか。
A後遺障害9級とは以下のような後遺障害の1つが残った場合となります。
  1. 両眼の視力が0.06以下になったもの
  2. 1眼の視力が0.06以下になったもの
  3. 両目に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
  4. 両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
  5. 鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの
  6. 咀嚼及び言語の機能に障害を残すもの
  7. 両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  8. 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
  9. 1耳の聴力を全く失ったもの
  10. 神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
  11. 胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
  12. 1手のおや指又はおや指以外の2の手指を失ったもの
  13. 1手のおや指を含み2の手指の用を廃したもの又はおや指以外の3の手指の用を廃したもの
  14. 1足の第1の足指を含み2以上の足指を失ったもの
  15. 1足の足指の全部の用を廃したもの
  16. 外貌に相当程度の醜状を残すもの
  17. 生殖器に著しい障害を残すもの

後遺障害9級の慰謝料について

後遺障害9級の場合、裁判での標準の慰謝料は690万円です。

赤い本(平成30年)によると、一番高い事案で830万円という事案があります。これは四肢を含む9箇所の後遺障害が認定されているにもかかわらず、併合処理の関係で、右下肢のみで9級相当と評価される場合と同じ評価になり相当ではないという判断で、後遺症慰謝料が増額された事案です。

後遺障害9級は、実際には相当重い障害ですので、きちんとした証拠を準備して、保険会社ともしっかり戦える体制を準備しておきたいものです。

後遺障害等級9級の具体的な慰謝料の額について

  • 裁判での標準額 690万円
  • 赤い本での最高額(平成30年版) 830万円

後遺障害9級の後遺障害の注意点

神経系統の障害(主として高次脳機能障害)は、1級、2級、3級、5級、7級、9級、12級、(14級)という認定基準があります。7級、9級、12級は判断が微妙ですが、何千万円単位で損害額が変わってくることもありますので専門家への事故当初からの相談が不可欠な傷病です。

また、外貌醜状については、医師の判断が最優先ですが、事故後6ヶ月経過時点で後遺障害申請をすることが一番よい結果になることもあります。