メニュー
交通事故知識ガイド交通事故問題解決の流れ

後遺障害診断書の作成

症状固定となった場合、医師に後遺障害診断書を作成してもらい、後遺障害等級の認定へと進むことになります。

「症状固定」とは、「これ以上治療を続けても、症状が良くも悪くもならない状態に達したこと」を言います。医師から症状固定との判断がなされた場合、後遺障害診断書を作成してもらいます。
症状固定の時期については、医師の判断によりますが、事故後6ヶ月が一つの目安になります。

そして、医師に後遺障害診断書の作成を依頼する場合には、事前の準備が必要です。病名によって、医師に記載をお願いした方がよい事項というのがある程度決まっているからです。

一方、医師の仕事は患者を治療することですので、後遺障害診断書の記載内容には重大な関心を持たないことが多いです。

そのため、医師に後遺障害診断書の作成を依頼する場合には「治療には関係ないかもしれませんが、この検査をしていただくことによって保険金の額が変わってくる」ということをきちんとお伝えした上で、検査をしていただく必要があります。
ただ「検査をしたい」と話をしても治療の必要性がない場合には医師に「検査は不要」という回答をされてしまうこともあります。

後遺障害診断書

【動画で見る交通事故】後遺障害診断書について

今回は「後遺障害診断書について」を説明します。
(解説 : 弁護士 大澤 一郎)

関連リンク