メニュー
交通事故知識ガイド後遺症(後遺障害)

後遺症と慰謝料について

解説者の弁護士大澤一郎

後遺症が認定された場合、その後遺症に応じた慰謝料の支払がされます。

この金額は自賠責保険の慰謝料基準・任意保険の慰謝料基準と裁判所の慰謝料の基準の平均値では大幅な開きがあります。

裁判で認められる慰謝料の標準値

後遺症等級 標準値
第1級 2,800万
第2級 2,370万
第3級 1,990万
第4級 1,670万
第5級 1,400万
第6級 1,180万
第7級 1,000万
第8級 830万
第9級 690万
第10級 550万
第11級 420万
第12級 290万
第13級 180万
第14級 110万

さて、皆様が保険会社から提示された後遺症の慰謝料額と比べていかがでしたでしょうか。

通常、保険会社は裁判基準と同額か、裁判基準より少ない後遺障害慰謝料の額を提示してきます。(経験上、保険会社が裁判前に提示してくる慰謝料の金額が裁判基準の慰謝料の金額を越えていることはほとんどありません。)

とすれば、特に重度の後遺症を負っている場合、弁護士に依頼をして訴訟を提起した方が、一般には慰謝料として受領できる金額が高額になるのです。

後遺症の慰謝料の額を決めるにあたっては、当然ですが、後遺症が後遺障害等級何級に該当するかどうかが一番重要になってきます。

その場合、後遺症認定のためには、事故後すぐの段階から治療方針を明確にたてて、最終的な後遺症認定のための努力をするということが一番確立の高い方法です。
特に弁護士費用特約に加入している場合には、弁護士費用の負担は300万円まではありませんので、早めに弁護士に相談・依頼した方がいいでしょう。

ここでは後遺症と慰謝料について解説しました。後遺症と慰謝料についての詳細は弁護士等の法律の専門家にご相談下さい。