メニュー
交通事故知識ガイド後遺症(後遺障害)

後遺症と法律事務所への相談段階別アドバイス

解説者の弁護士大澤一郎

後遺症(後遺障害)について相談する段階別で、弁護士はどのようなアドバイスが可能でしょうか?

1 事故直後について

後遺症についての一般的な説明や該当しうる後遺症の可能性、後遺症に該当した場合に支払われる金額の概算等についてのアドバイスが可能です。

この段階ではまずは治療に専念することが必要です。保険会社との間での治療費の支払方法についての調整や車両間の事故であれば物損についての示談交渉も可能です。

2 治療が一段落した段階について

医師から治療について一段落したというような話が出た場合、具体的な後遺症についての話となっていきます。医師に後遺障害診断書の作成を依頼することになりますが、この際に実際の症状があるにもかかわらず診断書に記載のない事項がないかどうか等について一度法律事務所に相談した方がよいと思います。

後遺症の診断書に記載のない事項について後で裁判所で主張することも不可能ではありませんが、保険会社からは「後遺症の診断書に記載がない事項なので後遺症であることの証明がない」という反論がされてしまうことがあります。

3 後遺症の認定が出た段階について

後遺症の認定の理由についての資料を検討の上、異議申立をすべきかどうかについての判断をする必要があります。法律事務所への相談をした方がいいでしょう。

4 後遺症の認定について異議申立をしない場合

後遺症の認定自体については異議申立をしない場合、その時点における後遺症を前提として法律事務所が保険会社と交渉をしたり、民事訴訟を提起したりします。この場合には弁護士への相談が必要です。

ここでは、後遺症と法律事務所への相談時期について解説しました。後遺症と法律事務所についての詳細は弁護士にご連絡下さい。