メニュー
交通事故知識ガイド高次脳機能障害Q&A

保険会社の態度に納得がいかないのですがどうすればよいですか?

弁護士からの回答

解説者の弁護士川崎翔

今何を言うべきなのかを慎重に検討しましょう。

高次脳機能障害と加害者任意保険会社の対応について

頭部外傷で入院し、高次脳機能障害となったような場合、加害者側の保険会社の対応が悪いということはそれほど多くはないという印象があります。
一番大切なのは症状が改善することですので、「まずは治療に集中する」という観点から、治療費全額を加害者側の保険会社が負担することが多いです。

また、家族の交通費、家族の付添看護費、入院・介護に関わる雑費などについても、ある程度の支払に応じることが多いです。

加害者側任意保険会社の対応が悪い場合

高次脳機能障害となってしまった場合、加害者側の任意保険会社の対応が悪い場合もあります。
特に、過失割合に関することなどで加害者側保険会社の対応が悪いというケースが多いような印象があります。

また、交通費・付添看護費・その他雑費などについての対応が悪いという事案もあります。

過失割合に関する対応が悪い場合

高次脳機能障害の症状が残るような場合、被害者は一生後遺症と付き合っていかなければいけないこともあります。にもかかわらず、被害者に過失があるなどと言われるのは全く納得できないということもあります。過失割合に関してありえないような過失割合を保険会社が事故直後から主張しているような場合の一番よい対策は、「過失割合については合意しない」ということです。

つまり、過失割合については治療終了→後遺障害認定→賠償金の交渉という流れの最後の段階で決めればよいと考え、保険会社の主張する不当な過失割合については一切相手にしない方がよいです。

なお、物損について過失割合を決めてしまうと、その過失割合を前提として人身事故の過失割合も決められてしまうことがありますので、物損だからといって安易に納得できない過失割合では応じないようにしましょう。

交通費、付添看護費、その他入院・介護雑費に関する対応が悪い場合

高次脳機能障害の症状が残るような場合、家族が病院まで行くための交通費や家族が病院で付添をするための付添看護費、その他入院・介護雑費に関する対応が悪い場合があります。
実際に支出をしたにも関わらず、保険会社が支払を拒むようなケースもあります。交通費、付添看護費、その他入院・介護雑費などは個別の項目ごとに裁判でも認められるかどうかが争いとなる項目ですので、保険会社が支払を拒んだ場合には2段階での対応がよいと思います。

第1は、弁護士に依頼してそれらの損害額を請求するという方法です。
弁護士が代理することによって、交通費、付添看護費、その他入院・介護雑費の支払がされることもあります。

第2は、資料を保管しておいてあとでまとめて請求をする方法です。
高次脳機能障害の場合、後遺障害等級にもよりますが、逸失利益や後遺障害慰謝料などで損害額が1億円以上となることもあります。そのような全体の損害額の交渉の際に、未払いの各種損害項目をきちんと主張できるかどうかがとても大切ですので、資料をきちんと保管しておくことが大切です。

保険会社の担当者個人の資質に問題がある場合

保険会社の担当者個人の資質に問題がある場合もあります。このような場合には、担当者の変更を保険会社に要請するのが一番よいでしょう。

高次脳機能障害Q&A一覧へ戻る