メニュー
交通事故知識ガイド高次脳機能障害Q&A

高次脳機能障害の症状に気付くにはどのようにすればよいですか。

弁護士からの回答

弁護士川崎翔の画像解析

典型的な特徴がありますのでその兆候が発生しているかどうかをよく観察しましょう。

注意障害

注意障害では以下のような特徴があることがあります。

  • 椅子や車椅子で寝ていることが多い。
  • 車椅子で病棟内を歩き回り、他の部屋に入っていく。
  • 他人に興味を持ち、くっついて離れない。
  • 隣の人の作業にちょっかいを出す。
  • 周囲の状況を判断せずに行動を起こそうとする。
  • エレベーターのドアが開くと乗り込んでしまう。
  • 作業が長く続けられない。
  • 人の話を自分のことと受け取って反応する。

記憶障害

記憶障害では以下のような特徴があることがあります。

  • 約束を守れない。
  • 約束を忘れてしまう。
  • 大切なものをどこにしまったかわからなくなる。
  • 他人が盗ったと言う。
  • 作り話をする。
  • 何度も同じことを繰り返して質問する。
  • 新しいことを覚えられなくなる。

遂行機能障害

遂行機能障害では以下のような特徴があることがあります。

  • 約束の時間に間に合わない。
  • 仕事が約束通りに仕上がらない。
  • どの仕事も途中で投げ出してしまう。
  • 記憶障害を補うための手帳を見るとでたらめの場所に書いてしまう。
  • これまでと異なる依頼をするとできなくなってしまう。

コミュニケーション障害

コミュニケーション障害では以下のような特徴があることがあります。

  • 話にまとまりがない。
  • 話が脱線しがちである。
  • その場に不適切な多弁であったり、雰囲気にそぐわない会話をする。
  • テンポの速い話が理解できない。
  • 冗談やいやみ、比喩を理解できない。

病識欠落

病識欠落では以下のような特徴があることがあります。

  • 困っていることは何もないと主張する。
  • うまくいかないのは相手のせいだと考えている。
  • 自分にはどのようなこともできると確信している。

社会的行動障害

社会的行動障害では以下のような特徴があることがあります。

  • 興奮する。
  • 大声を出す。
  • 暴力を振るう。
  • 思い通りにならないと決まって大声を出す。
  • 他人につきまとって迷惑な行為をする。
  • 訓練士に付き合えと強要する。
  • 不潔行為やだらしない行為をする。
  • 自傷行為をする。
  • 自分が中心でないと満足しない。

*なお、「社会的行動障害」には、依存性・退行、欲求コントロール低下、感情コントロール低下、対人技能拙劣、固執性、意欲・発動性の低下、抑うつ、感情失禁、引きこもり、脱抑制、被害妄想、徘徊などが含まれています。

高次脳機能障害Q&A一覧へ戻る