メニュー
交通事故知識ガイド高次脳機能障害Q&A

高次脳機能障害の場合紛争処理センターを利用するメリットは何ですか。

弁護士からの回答

解説者の弁護士今村公治

早期解決のメリットや、自賠責で認定された等級を前提とした解決ができる等のメリットがあります。

交通事故の解決方法

交通事故の損害賠償請求の解決方法には、示談交渉、紛争処理センターでの解決、裁判での解決の3種類の解決方法が一般的にはあります。(民事調停という方法もありますが今回は除外します。)

交通事故紛争処理センターでの解決

交通事故紛争処理センターは、裁判での解決と示談交渉での解決の中間的な解決方法です。事案によりますが、申立後数か月であっせん案が出ることが多く、あっせん案は基本的には裁判所での基準とほぼ同じ基準となっています。そのため、裁判であれば高次脳機能障害の案件の場合1~2年かかってしまうことも多いですが、紛争処理センターでの合意であれば、半年以内に解決することも多いです。

保険会社への拘束力

紛争処理センターでの最終的な裁定は保険会社に対する拘束力がある一方、被害者側は紛争処理センターでの裁定を不服として裁判申立をすることができますので、その点でも被害者にとってメリットがあります。

自賠責の等級を前提とした解決

必ず自賠責の等級を前提とした解決になるとは限りませんが、経験上、紛争処理センターでは簡易・迅速にあっせん案という出すという観点から、自賠責の等級を前提としたあっせん案が出ることが多いです。そのため、既に認定されている自賠責の等級を前提として早期に解決をしたいというような場合には紛争処理センターでの解決がよい場合があります。

裁判との違い

  • 裁判では年5%の遅延損害金(金利)も請求できますが、紛争処理センターでは請求はできません。
  • 裁判では10%程度の弁護士費用も請求できますが、紛争処理センターでは請求はできません。

重度後遺障害案件の場合

重度後遺障害案件の場合、あっせん・裁定に相当の時間がかかるため、結果的には裁判とあまり変わらない位の時間がかかってしまう可能性があります。

その他

  • 紛争処理センターへの申立は時効を止める効果はありませんので、時効中断をしたい場合には別途時効中断のための承認書をもらうなどの措置をとる必要があります。
  • 事故態様や後遺障害認定自体に大幅な争いがある事案の場合には、紛争処理センターでの解決が難しいこともあります。そのような場合には最初から裁判を起こした方が結果的には良い解決になることもあります。

高次脳機能障害Q&A一覧へ戻る