メニュー
交通事故知識ガイド下肢及び足指

足部その3

足部その3 足根骨の構造

足根骨の構造

(足部の骨を上からみたところです。上から順に、)
「踵」は踵骨(しょうこつ)
「距」は距骨(きょこつ)
「距滑車」は距骨滑車(きょこつかっしゃ)
「舟」は舟状骨(しゅうじょうこつ)
「1楔」は第1楔状骨(けつじょうこつ 「内側楔状骨」ともいいます。)
「2楔」は第2楔状骨(「中間楔状骨」ともいいます。)
「3楔」は第3楔状骨(「外側楔状骨」ともいいます。)
「立」は立方骨(りっぽうこつ)
「中足」は中足骨(ちゅうそくこつ)で、第1中足骨から第5中足骨まであります。
「基」は基節骨(きせつこつ)
「中」は中節骨(ちゅうせつこつ)
「末」は末節骨(まつせつこつ)

足根骨は、足首からみて近いところ(近位列)に距骨と踵骨の2つ、足首からみて遠いところ(遠位列)に舟状骨、立方骨、第1・2・3楔状骨の5つ、合計7つの短骨の配列で構成されています。
一方、手根骨は近位列、遠位列ともに4つずつの合計8つの短骨の配列で構成されています。

中足骨は足指と足根骨をつなぐ骨で、足根骨には7種類あります。
踵骨・立方骨、距骨・舟状骨でショパール関節(横足根関節)を、第1・2・3楔状骨と立方骨と中足骨近位部でリスフラン関節(足根中足関節)を構成しています。ショパール関節は足根骨内にあり、リスフラン関節は足根骨と中足骨を結ぶ関節であるともいえます。

足趾の関節につきましては、中足骨と基節骨の間が中足趾節間関節(MP関節)で、親趾では第2関節、その他の指では第3関節となります。
親趾では、基節骨と末節骨で趾節間関節(IP関節 第1関節となります。)、その他の足趾では基節骨と中節骨で近位趾節間関節(PIP関節 第2関節となります。)、中節骨と末節骨で遠位趾節間関節(DIP関節 第1関節となります。)を構成しています。