メニュー
交通事故知識ガイド後遺症(後遺障害)

偽関節

解説者の弁護士川崎翔

偽関節(ぎかんせつ)とは、骨折後の骨癒合不全のうち、骨折間隙に関節液様の粘液性組織液が見られる症状を言います。
骨癒合不全全てについて偽関節と呼ぶこともあります。
交通事故の後遺症として発生する可能性が高く、重大な後遺症を残すことが多くあります。
Q後遺障害の認定基準のポイントはどのような点ですか。
A交通事故の偽関節の場合には、一上肢に偽関節を残し、著しい運動障害をのこすもの(7級9号)、一下肢に偽関節を残し、著しい運動障害を遺すもの(7級10号)、一上肢に偽関節を残すもの(8級8号)、一下肢に偽関節を残すもの(8級9号)に該当する可能性があります。

上肢の場合、著しい運動障害を残すものとは、以下のいずれかに該当し、常に硬性補装具を必要とするものを言います。

  • 上腕骨の骨幹部又は骨幹端部に癒合不全を残すもの
  • 橈骨及び尺骨の両方の骨幹部等に癒合不全を残すもの

上肢の場合、交通事故で偽関節を残すもの(8級8号)とは、7級に該当しない場合で以下のいずれかの場合です。

  • 上腕骨の骨幹部等に癒合不全を残すもの
  • 橈骨及び尺骨の両方の骨幹部等に癒合不全を残すもの
  • 橈骨及び尺骨のいずれか一方の骨幹部等に癒合不全を残すもので、時々硬性補装具を必要とするもの

下肢の場合、交通事故で偽関節を残し著しい運動障害を残すものとは、以下のいずれかに該当し、常に硬性補装具を必要とするものを言います。

  • 大腿骨の骨幹部等に癒合不全を残すもの
  • 頸骨及び腓骨の両方の骨幹部等に癒合不全を残すもの
  • 頸骨の骨患部に癒合不全を残すもの

下肢の場合、交通事故で偽関節を残すもの(8級9号)とは、7級に該当しない場合で以下のいずれかの場合です。

  • 大腿骨の骨幹部等に癒合不全を残すもの
  • 頸骨及び腓骨の両方の骨幹部等に癒合不全を残すもの
  • 頸骨の骨患部に癒合不全を残すもの
Q立証上のポイントはどのような点ですか。
A交通事故の偽関節の場合には、医師が使う「偽関節」と自賠責保険認定における「偽関節」の言葉の違いをしっかりと理解する必要があります。医師は一部の骨癒合が不良であった場合でも偽関節という診断をします。
しかしながら、自賠責における偽関節はより定義が厳しく定められています。骨癒合が完全に得られていない状態で、かつ、可動域に以上が見られる場合に始めて自賠責における「偽関節」となりますので注意が必要です。レントゲン(XP)等により診断をした上で、後遺障害診断書に自賠責の要件に当てはまるように医師に事実関係をきちんと記載してもらう必要があります。医師が「偽関節」と記載したからと言って7級、8級の後遺症と自動的になるわけではありませんので注意が必要です。
Q保険金額決定のポイントはどのようなポイントですか
A後遺障害の事案の場合、可動式制限も同時に発生する可能性がありますので正しく医師に計測を依頼することが重要です。一度後遺障害診断書に記載した可動域の数値は、医師が自ら計測の過ちを認めて加筆・訂正に応じない限り変更することは極めて困難です。(そして、医師が計測の誤りを認めることは経験上ほぼありません。)
また、偽関節となるような事案の場合、痛みを伴うことも多いので、痛み(神経症状)について12級、14級の認定の可能性がないかどうかを検討する必要があります。