メニュー
交通事故知識ガイド後遺症(後遺障害)

股関節脱臼

解説者の弁護士川崎翔

股関節脱臼は交通事故等の外傷で多く発生する症状です。
また座っている時に前方から大きな力が入った時などに股関節脱臼は生じやすくなっています。

合併症として、坐骨神経損傷や大腿骨頭壊死などの症状が発生することもあります。
交通事故で運転席や助手席などに座っている際に、膝をダッシュボードにぶつけた際に生じやすいと言われています。

Q後遺障害の認定基準はどのような基準ですか。
A一下肢の3大関節中の一機能に障害を残すものとして、12級7号の後遺障害に該当する可能性があります。
Q立証上のポイントはどのようなポイントですか。
Aレントゲンによって脱臼の有無を判断します。膝蓋骨骨折、大腿骨顆上部骨折、大腿骨頚部骨折等の症状を伴うこともあります。股関節の可動域制限では、屈曲・進展、又は外転・内転での可動域が通常の4分の3以下となっていると12級7号に認定される可能性があります。

股関節脱臼等の可動域制限を伴う症状の場合、事故から6ヶ月経過した時点で後遺障害申請をすることが一番実体に即した判断がされる可能性が高くなります。その場合、後遺障害診断書に股関節脱臼に伴う正確な可動域制限の測定を医師に依頼する必要があります。
一度記載した角度について医師が修正に応じることはほとんどありません。これは、交通事故における可動域制限一般について当てはまりますので注意が必要です。

Q保険金額決定のポイントはどのようなポイントですか。
A交通事故による股関節脱臼で12級7号の認定がなされた場合。逸失利益の期間を10年程度に制限した案を保険会社が提案してくることがあります。
しかし、原則として67歳までの労働能力喪失期間を主張していくことが重要です。