メニュー

解決事例

事例019頸椎捻挫・腰椎捻挫

会社員が14級9号の認定を受け約359万円を獲得した事例

保険会社提示額 : 提示前のご依頼

解決額
359万円
病名・被害
  • むちうち(首・腰)
怪我の場所
  • 腰・背中
後遺障害等級
  • 14級

事故発生!自動車自動車の事故

平成23年某月、会社員の田村宏さん(仮名・松戸市六実在住・30代・男性)が丁字路を青信号で右折しようとしたところ、信号無視の車に右側から衝突されるという被害に遭いました。

後遺障害と解決まで

被害者は、事故によって、頸椎捻挫及び腰椎捻挫の傷害を負いました。約1年3ヶ月の通院を経て、後遺障害の申請を行い、頸椎捻挫及び腰椎捻挫により14級9号が認定されました。

当事務所が受任して、交渉にあたったところ、当事務所主張のとおり、359万6,046円(自賠責保険からの75万円を含む)を受領するという内容で和解が成立しました。

当事務所が関わった結果

当事務所が後遺障害の認定から関わった結果、14級9号の認定がなされ、裁判基準での和解ができました。

解決のポイントは以下の点です。

1治療期間について

本件は、一般的な頸椎捻挫等の治療期間に比べて長くなっていました(症状の程度にもよりますが、約6ヶ月程度の治療期間が一般的です。)。他覚的所見のない頸椎捻挫等で治療期間が長期になった場合、治療費の打切りがなされたり、入通院慰謝料の金額について争われる危険性があります。

そこで、当事務所が受任後、必要な検査を受けてもらい、被害者請求を行いました。その結果、治療費や慰謝料額でも特にもめることなく、解決しました。

2早期に裁判基準で解決

当事務所では、後遺障害等級認定後、速やかに証拠を収集し、裁判基準(赤い本基準)での賠償請求を行いました。

相手方保険会社が合理的な和解案を示さない場合、訴訟や交通事故紛争処理センターでの手続きをおこなうべく準備をしていましたが(刑事記録もすでに取寄せ済みでした)、本件では相手方保険会社が当事務所の請求額全額の支払いを認めたため、早期に和解することができました。

依頼者様の感想

手の鈍麻は残ってしまいましたが、幸いにも利き手ではなく、それほど不自由はしておりません。これからは前向きに付き合っていこうと思います。 これまで本当にありがとうございました。重ね重ねお礼申し上げます。(平成24年10月11日掲載)

※プライバシー保護のため、地名については実際にお住まいの場所の近隣ですが実際とは異なる場所を記載してあることがあります。