メニュー

解決事例

事例032頸椎捻挫

会社員が14級9号の認定を受け約299万円を獲得した事例

保険会社提示額 : 提示前のご依頼

解決額
299万円
病名・被害
  • むちうち(首・腰)
怪我の場所
後遺障害等級
  • 14級

事故発生!自動車自動車の事故

平成23年某月、会社員の小島さん(仮名・流山おおたかの森在住・50代・男性)が赤信号まちで停車していたところ、追突されるという被害に遭いました。

後遺障害と解決まで

被害者は、事故によって、頸椎捻挫の傷害を負いました。約6ヶ月の通院を経て、後遺障害の申請(被害者請求)を行い、14級9号が認定されました。

被害者請求により自賠責保険から75万円、任意保険会社との交渉でさらに224万5,595円が支払われました(休業損害61万1,000円についてはすでに任意保険会社から受領済みでした)。

当事務所が関わった結果

当事務所が関与した結果、14級9号の後遺障害が認定され、交渉で早期に裁判とほぼ同水準の解決ができました。

解決のポイントは以下の点です。

1被害者請求

本件では被害者請求を行い、14級9号の認定を受け、早期に自賠責保険からの75万円の支払いを確保しました。

また、被害者請求では、後遺症が業務にどのような影響を与えているのか等を丁寧に立証しました。

2早期の解決

本件では被害者の方が早期の解決を希望されていたため、相手方保険会社との交渉での解決を目指しました。

相手方保険会社は、当事務所の請求に対し、逸失利益や慰謝料の9割を支払うと主張していましたが、交渉の結果、ほぼ裁判基準の支払いがなされることで解決しました。

依頼者様の感想

先生のご尽力によりすべて解決することができました。改めてありがとうございました。体の方は相変わらず頚椎の痛みは残っておりますが、頑張ってやってまいります。 (平成25年1月25日掲載)

※プライバシー保護のため、地名については実際にお住まいの場所の近隣ですが実際とは異なる場所を記載してあることがあります。