メニュー

解決事例

事例265頚椎捻挫・腰椎捻挫

自営業者が頚椎捻挫・腰椎捻挫の怪我となったが改善し150万円を受領できた事例

保険会社提示額 : 提示前のご依頼

解決額
150万円
病名・被害
  • むちうち(首・腰)
怪我の場所
  • 腰・背中
後遺障害等級
  • 認定なし

事故発生!自動車自動車の事故

平成22年、奥様・親戚・子供たちの家族6人で車に乗って車を運転していた坂倉芳雄様(仮名・千葉県松戸市在住)は後方から車に衝突される交通事故の被害にあいました。奥様、親戚、子供共に怪我をしました。

子供たちの怪我は比較的早期に治癒しましたがご本人の怪我はなかなか治らず、6ヵ月程度整形外科と整骨院に通院しました。

結果として、怪我は完治しました。損害賠償額の提示が保険会社からあった際に、内容が妥当かどうかの検証のために弁護士に相談しました。

ご本人は自動車修理工場を自営で行っていました。

後遺障害と解決まで

保険会社からの提示額を確認したところ、通院慰謝料と休業損害が明らかに少ないという状況でした。通院慰謝料については裁判所での基準と同一の基準を主張し、さらに、休業損害についても一定額を支払うよう主張しました。

休業損害については自営業のため、なかなか交渉は難航しましたが一定額を受領することができました。

結果的には弁護士が代理をしてから3ヵ月以内に150万円を受領することにより解決をすることができました。

当事務所が関わった結果

解決のポイントは以下の点です。

1早期の解決

裁判までは希望していない状況でしたので交渉により早期の解決を目指す方針となりました。

通院慰謝料については赤い本別表Ⅱの通院6ヵ月の基準である約89万を獲得することができました。

休業損害については自営業でしたので確定申告などに基づいて丁寧に主張をすることにより一定額を認めさせることができました。

2同乗者の弁護士費用特約の利用

運転者ご本人が契約者で車両所有者という状況でした。弁護士費用特約の場合、契約車両の同乗者全員が利用可能であったり、契約者の同居の親族が全員利用可能であることがあります。

今回はご家族についても弁護士費用特約を利用して代理をすることができましたので、ご家族も含めて慰謝料の増額などができました。

3自動車修理工場

ご依頼者様は自動車修理工場を経営していました。当事務所では、自動車修理工場様、保険代理店様、病院・医院の皆様、整骨院様などと幅広く提携をして交通事故の被害者救済のための活動をしています。

依頼者様の感想

ありがとうございました。他にも何か法律問題があった場合にはご相談させていただきたいと考えています。

※プライバシー保護のため、地名については実際にお住まいの場所の近隣ですが実際とは異なる場所を記載してあることがあります。