メニュー

解決事例

事例299左膝挫傷

過失割合について粘り強く交渉した結果、120万円の損害賠償金を受領できた事例

保険会社提示額 : 提示前のご依頼

解決額
120万円
怪我の場所
  • 足・股・膝
後遺障害等級
  • 認定なし

事故発生!自転車自転車の事故

自転車で歩道脇の歩道を走行中、側道から出てきた車と接触しました。

8か月程度の通院の後、念のため後遺障害申請を行いましたが非該当となってしまいました。

後遺障害と解決まで

非該当の結果が出た後、異議申立により結果が覆る可能性を探りました。

しかしながら、見込みが薄く、異議申立自体も通常2か月程度(場合によってはそれ以上)時間がかかることを考慮し、非該当前提で示談をすることとなりました。

当事務所が関わった結果

解決のポイントは以下の点です。

1過失割合

当初保険会社が主張していた過失割合については、実況見分調書の取得及び弊所にある過去の裁判例のデータベースによる判例の分析を行い、より有利な割合へと変更することが出来ました。

過失割合については金額への影響がとても大きいのできちんと主張する必要があります。

2慰謝料

慰謝料についても、交渉の結果、おおむね裁判と同程度の金額にまで上げることが出来ました。

依頼者様の感想

ありがとうございました。

※プライバシー保護のため、地名については実際にお住まいの場所の近隣ですが実際とは異なる場所を記載してあることがあります。