メニュー

解決事例

事例337頚椎捻挫・腰椎捻挫

会社員が頚椎捻挫・腰椎捻挫が完治し約140万円を受領した事例

保険会社提示額 : 提示前のご依頼

解決額
140万円
病名・被害
  • むちうち(首・腰)
怪我の場所
  • 腰・背中
後遺障害等級
  • 認定なし

事故発生!自動車自動車の事故

平成25年、須藤昇平様(仮名・流山在住)は自らが運転する車両に同乗中に後部から衝突されるという被害に遭いました。

整形外科・整骨院にて治療・施術を継続して約6ヵ月間通院をしました。

後遺障害と解決まで

休業損害が出るかということが気になっていたのですが、弁護士が間に入り、資料を揃えることで、休業損害が全額保険会社から出ました。また、仕事中電話に出ることができないため、保険会社との対応ができなかったのですが、弁護士が代理したことで、仕事中電話に出る必要がなくなり、仕事に影響が出なくなりました。

当事務所が関わった結果

解決のポイントは以下の点です。

1資料作成について

休業損害証明書について、慣れている担当の方がいらっしゃればすぐに作成してくださりますが、あまり経験がないと作成自体が大変になってきます。

その時も弁護士が間に入り、質問を受けることで、しっかりとした資料の作成が可能になります。これは、休業損害だけでなく、他の資料の作成についても同じことがいえると思います。

2交渉代理について

仕事中に保険会社から電話がかかってくるとなかなか仕事に集中できず、ストレスばかりたまってしまいます。

そこで、交渉代理を一括で弁護士に依頼すると、仕事中に電話がかかってこなくなり、仕事自体がスムーズに進むことになりました。

3弁護士費用について

今回の事案では、弁護士費用特約が付いていたため、比較的早い段階で相談に来所していただくことができました。

仕事中の電話を嫌がっていたため、もし弁護士に依頼していなかったら早期に治療を終了させて、低い金額でも応じていたかもしれないということでした。

依頼者様の感想

分からないことだらけのところ、助けていただきありがとうございました。

※プライバシー保護のため、地名については実際にお住まいの場所の近隣ですが実際とは異なる場所を記載してあることがあります。