メニュー

解決事例

事例346顔面挫創

無職男性が、顔面挫創後の左外眼角の線状痕について9級16号の認定を受け、715万円を獲得した事例

保険会社提示額 : 提示前のご依頼

解決額
715万円
病名・被害
  • 傷跡
怪我の場所
  • 顔(目・耳・鼻・口)
後遺障害等級
  • 9級

事故発生!バイク自動車の事故

平成27年某月、槙野さん(仮名・木更津市在住・60代・男性・無職)が、バイクに乗って交差点を直進中、左方から来た貨物自動車に衝突されるという事故に遭いました。

後遺障害と解決まで

被害者は、顔面を路面に強く打ちつけ、顔面挫創、歯牙障害、左尺骨骨折等の傷害を負いました。

懸命な治療とリハビリの結果、骨折部は癒合したものの、顔面に大きな傷跡が残ってしまいました。その傷跡は、事前認定により、顔面部に5cm以上の傷跡を残すものとして、後遺障害9級16号に認定されました。

その後、当事務所が代理して、相手方保険会社との賠償交渉を行い、計715万円(自賠責保険金を含む)を受け取ることで示談をしました。

当事務所が関わった結果

当事務所が依頼を受けた結果、相手方保険会社から計715万円を受け取ることが出来ました。

解決のポイントは以下の点です。

1過失部分の交渉

本件では、弁護士介入前まで相手方保険会社は、被害者の過失が20%あると主張していました。

そこで、弁護士介入後、事故態様を精査し、被害者に予見可能性がなかったことなどを主張して、5%譲歩を引き出し、過失を15%とする内容で示談をしました。

2入院付添費と付添人交通費

本件では被害者の入院期間中、奥様が付き添い、献身的な看護を行っておられました。

そこで、奥様が入院期間中付き添った日について日額6,500円の付添費を、病院まで往復した際の交通費について交通費実費をそれぞれ請求しました。]

入院付添費が認められるか(付添の必要が認められるか)、入院付添費とは別に付添人交通費が認められるかは、さまざまな判例や要件がありますが、本件では、これを当方の主張額の満額認めてさせた内容で解決しました。

依頼者様の感想

お陰様で納得出来る内容で事故の後処理を完了することが出来て、感謝しております。

※プライバシー保護のため、地名については実際にお住まいの場所の近隣ですが実際とは異なる場所を記載してあることがあります。