メニュー

解決事例

事例180頸椎捻挫・腰椎捻挫

会社員男性が、頸椎捻挫後の左頸、肩、左上肢の痛み・しびれ、腰椎捻挫後の左腰、臀、下肢の痛み・しびれ等の症状について、併合14級の認定を受け、350万円を獲得した事例

保険会社提示額 : 提示前のご依頼

解決額
350万円
病名・被害
  • むちうち(首・腰)
怪我の場所
  • 腰・背中
  • 手・肩・肘
  • 足・股・膝
後遺障害等級
  • 14級

事故発生!自動車自動車の事故

平成28年某月、平井さん(仮名・市原市在住・40代・男性・会社員)が、自動車を運転して信号待ちで停車中、後方から来た自動車に追突されるという事故に遭いました。

後遺障害と解決まで

被害者は、頸椎捻挫、腰椎捻挫の傷害を負い、左頸、肩、左上肢の痛み・しびれ、左腰、臀、下肢の痛み・しびれ等の症状に悩まされました。

被害者は、事故直後から7か月治療を継続し、頸椎捻挫後の左頸、肩、左上肢の痛み・しびれ、腰椎捻挫後の左腰、臀、下肢の痛み・しびれ等の症状について、それぞれ14級9号が認定されました(結論として併合14級)。

その後、相手方保険会社との賠償交渉を行い、既払金を除いて、350万円を受け取る内容で示談をしました。

当事務所が関わった結果

当事務所が依頼を受けた結果、後遺障害が認定され、既払金を除いて、相手方保険会社から350万円を受け取ることが出来ました。

解決のポイントは以下の点です。

1後遺障害の認定

被害者は、左上肢及び左下肢にかけて特に強い痛み・しびれを自覚していました。そこで、本件では自覚症状の他、症状の原因として考えられる画像上の所見を丁寧に後遺障害診断書に記載してもらうほか、必要な神経学的検査の結果を後遺障害診断書に記載していただくよう主治医に要請しました。

結果として、これらの症状について後遺障害(14級9号)の認定を得ることができました。

2休業損害の認定

本件では、事故後の症状により客観的に仕事に行けないであろう状態があったのですが、お盆の長期休暇と重なっていたことから、休業損害証明書に反映できないという事情がありました。しかし、予定していた外出も断念し、自宅で安静に務めた事情などを主張し、一定額の休業損害を認定させることができました。

依頼者様の感想

丁寧に対応していただきました。ありがとうございました。

※プライバシー保護のため、地名については実際にお住まいの場所の近隣ですが実際とは異なる場所を記載してあることがあります。