メニュー

解決事例

事例410足(大腿骨骨折)

一人暮らしの専業主婦の高齢の女性が、右大腿骨折後の痛みの症状について後遺障害14級9号の認定を受け、紛争処理センターを利用し約310万円の損害賠償を受領

保険会社提示額 : 98万円

解決額
310万円
増額倍率 :3.1
怪我の場所
  • 足・股・膝
後遺障害等級
  • 14級

事故発生!歩行者自動車の事故

平成28年某月、桝谷さん(仮名・千葉県在住・80代・女性・専業主婦)が道路を横断していたところ自動車に衝突される事故に遭いました。

相談から解決まで

桝谷さんは、衝突により右大腿骨骨折の傷害を負い、9か月に及ぶ入通院を余儀なくされました。懸命に治療やリハビリに励まれましたが、足に痛みが残ってしまいました。

そのうえ、保険会社に弁護士をいきなり立てられた桝谷さんは、今後保険会社や弁護士とどのように交渉していけばよいのか、当事務所に相談にいらっしゃいました。今後の交渉について説明させていただき、当事務所に依頼いただくこととなりました。

そして、最終的に約310万円という金額で解決することができました。

当事務所が関わった結果

当事務所が依頼を受け、交渉を行った結果、適正な損害賠償額で解決することができました。

解決のポイントは以下の点です。

1損害賠償請求

保険会社が立てた弁護士は、桝谷さんが一人暮らしの高齢女性であることから、休業損害や逸失利益を0と算定しました。

しかし、事実関係をよく確認すると、近所に住む親戚宅へ家事の手伝いに通っていることが判明しました。そして判例を調査した結果、かような場合にも休業損害や逸失利益が認められていることが判明しました。

2紛争処理センター

桝谷さんのような事案では一人暮らしの高齢女性であっても休業損害や逸失利益を判例が認めていることを主張しましたが、保険会社が立てた弁護士は一向に十分な回答を行いませんでした。

そのため、紛争処理センターを利用することとしました。判例を丁寧に調べ、詳細な立証資料を添付したことで、最終的に過失相殺後で310万円という金額で解決をすることができました。

依頼者様の感想

ありがとうございました。

※プライバシー保護のため、地名については実際にお住まいの場所の近隣ですが実際とは異なる場所を記載してあることがあります。