メニュー

解決事例

事例055頚椎捻挫・腰椎捻挫

交通事故紛争処理センターでの和解で解決した事例(併合14級)

保険会社提示額 : 提示前のご依頼

解決額
385万円
病名・被害
  • むちうち(首・腰)
怪我の場所
  • 腰・背中
後遺障害等級
  • 14級

事故発生!自動車自動車の事故

平成24年某月、西川和也さん(仮名・北柏在住・40代・男性・自営業)が自動車に乗って信号待ちをしていたところ、突然前方の車両が後退し、衝突されるという事故に遭いました。

後遺障害と解決まで

被害者は、事故により頚椎捻挫・腰椎捻挫の傷害を負い、約6ヶ月の治療をおこないました。

当事務所が後遺障害認定のサポートを行い、被害者請求により併合14級の後遺障害が認定されました。

相手方保険会社と交渉を行いましたが、裁判基準とは程遠い和解案を提示していたため、交通事故紛争処理センターの手続を申立てました。

その結果、合計385万円(自賠責保険金75万円を含む)を相手方保険会社が支払うとの内容で示談することができました。

当事務所が関わった結果

当事務所が交渉を行った結果、ほぼ裁判基準で和解することができました。

解決のポイントは以下の点です。

1交通事故紛争処理センターの利用

相手方保険会社との任意交渉では、相手方保険会社が裁判基準とは程遠い和解案しか提示していなかったため、早期解決をめざし、交通事故紛争処理センターの手続を利用しました。

その結果、相手方保険会社は、ほぼ裁判基準での支払いを認めるに至りました。

2自営業者の休業損害・逸失利益

被害者が自営業の場合、休業損害や逸失利益が争点になることが多いです。

本件でも、休業損害や逸失利益の算定について争点となりました。当事務所は、被害者の業務内容や後遺障害による影響を報告書にとして丁寧に主張するなど、休業損害・逸失利益が認められるために尽力しました。

依頼者様の感想

交通事故損害のことについて知識がなかったので、依頼して本当によかったです。ありがとうございました。(平成25年11月29日掲載)

※プライバシー保護のため、地名については実際にお住まいの場所の近隣ですが実際とは異なる場所を記載してあることがあります。