後遺障害・慰謝料など交通事故は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい
メニュー

解決事例

事例449頸椎捻挫・左肘挫傷

退職後の休業損害は発生しない?そんなことはありません

最終更新日:2022年03月23日

保険会社提示額 : 提示前のご依頼

解決額
258万円
病名・被害
  • むちうち(首・腰)
怪我の場所
  • 手・肩・肘
後遺障害等級
  • 14級

事故発生!自動車自動車の事故

令和2年7月、浦田さん(仮名・白井市在住・60代・女性・会社員)が、高速道路を進行する四輪車に乗車していたところ、左方から進路変更してきた四輪車に衝突されるという事故に遭いました。

相談から解決まで

被害者は、頸椎捻挫及び左肘挫傷の怪我を負い、頸部痛、左手指のしびれ、左肘痛などの症状に悩まされました。被害者は、約6か月治療を継続しましたが、これらの症状が残ってしまいました。

症状固定後、後遺障害診断書作成を受ける前に、当事務所に相談にお越しになりました。

相談に引き続いて当事務所が依頼を受け、後遺障害診断書の作成を受けたうえで被害者請求手続を行い、その結果、頸椎捻挫後の頸部痛及び左手指の痺れの症状が14級9号に、左肘挫傷後の左肘痛の症状が14級9号に認定されました(結論として併合14級)。

当事務所が代理して賠償交渉を行い、自賠責保険金75万円のほか、約183万円の賠償を受ける結果となりました。

当事務所が関わった結果

約258万円の賠償を受ける結果となりました。

解決のポイントは以下の点です。

1休業損害

被害者は、就労に関する採用面接途上でこの事故に遭いました。事故の約1週間後の日付で正式に正社員として採用されましたが、満足に勤務することができず、治療期間中に退職しました。

休業損害は在職中は内払されていましたがあるべき金額より少なめに算定された金額が内払されていたにとどまりました。後遺障害認定がなされた後の示談交渉の場面で、本来の算定方法で算出された金額を、退職後の期間も含めて提案したところ、その内容で示談成立となりました。

2過失割合の検討

示談交渉においては過失割合も問題となり、刑事記録及び事故後の車両の写真を踏まえて過失割合に関して双方が出した見解は異なっていました。訴訟手続にしたときの見込み、さらに車両や写真の見分等を行って異なる結論になる見込みや費用の見積もり等を検討したうえ、最終的に過失割合について合意に至りました。
過失割合について双方の見解が異なるとき、刑事記録を検討することはもちろん、事案によっては更なる資料収集を行うことができることもありますが費用との兼ね合いも検討することで、納得する結論に至りやすくなると考えられます。

依頼者様の感想

ありがとうございました。

※プライバシー保護のため、地名については実際にお住まいの場所の近隣ですが実際とは異なる場所を記載してあることがあります。