後遺障害・慰謝料など交通事故は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい
メニュー

解決事例

事例454耳鳴

難聴としては聴力障害としての後遺障害に該当しないと判断されたが、両耳鳴について難聴に伴う著しい耳鳴が常時あると評価され、12級相当の後遺障害の認定を受けた事例

保険会社提示額 : 提示前のご依頼

解決額
850万円
怪我の場所
  • 顔(目・耳・鼻・口)
後遺障害等級
  • 12級

事故発生!バイク自動車の事故

令和2年某月、三浦さん(仮名・千葉県在住・60代・男性・会社員)がバイクで進行していたところ無理に道路外に出ようとした自動車に衝突される事故に遭いました。

相談から解決まで

三浦さんは、衝突により両耳の耳鳴、めまいが発生し、両耳の難聴や耳鳴り、くらくらする感覚に悩まされることとなってしまいました。懸命に治療に励まれましたが、後遺症として残ってしまいました。

三浦さんは今後の進め方について当事務所に相談にいらっしゃいました。今後の方針についてご説明させていただき、当事務所に依頼いただくこととなりました。

そして、最終的に約850万円という金額で解決することができました。

当事務所が関わった結果

当事務所が依頼を受け、交渉を行った結果、適正な損害賠償額で解決することができました。

解決のポイントは以下の点です。

1耳鳴りの後遺障害

残念ながら、難聴については、オージオグラムから確認できる聴力(平均純音聴力レベル)の程度が後遺障害の基準に達せず、聴力障害の後遺障害には該当しませんでした。
しかし、両耳の耳鳴りについて、検査で耳鳴りの存在が認められ、難聴に伴い著しい耳鳴りが常時あるとの医学的な評価を受けることができました、その結果、別表第二備考6により12級相当の後遺障害を獲得することができました。

2損害賠償

三浦さんは症状固定時には70歳を過ぎておりましたが、手に職を持っていたことから生涯にわたって現在の職業を続ける予定でした。三浦さんと職業の実態や後遺障害についてじっくりと相談させていただきました。

その結果、逸失利益の期間について一般的な基準よりも長く、また慰謝料も交渉で解決することができたにもかかわらず裁判基準100%と、一般的な賠償基準を大きく上回る金額で和解することができました。

依頼者様の感想

ありがとうございました。

※プライバシー保護のため、地名については実際にお住まいの場所の近隣ですが実際とは異なる場所を記載してあることがあります。