メニュー

解決事例

事例041頚椎捻挫・腰椎捻挫

自営業者が14級9号の認定を受け約424万円を獲得した事例

保険会社提示額 : 提示前のご依頼

解決額
424万円
病名・被害
  • むちうち(首・腰)
怪我の場所
  • 腰・背中
後遺障害等級
  • 14級

事故発生!自動車自動車の事故

平成24年某月、角田さん(仮名・馬込沢在住・20代・男性・自営業)が自動車を運転して走行中、並走していた大型トレーラーが突然進路変更し、衝突されるという被害に遭いました。

後遺障害と解決まで

被害者は、事故により頚椎捻挫及び腰椎捻挫の傷害を負いました。約6か月の通院を経て、14級9号の後遺障害が認定されました。被害者請求を行い、14級9号が認定された後、相手方保険会社と交渉したところ、424万4683円が支払われるという内容での和解が成立しました(自賠責保険からの75万円を含む)。

当事務所が関わった結果

当事務所が代理した結果、概ね裁判基準での和解をすることができました。

解決のポイントは以下の点です。

1後遺障害慰謝料

相手方保険会社は、当事務所からの請求に対し、後遺障害慰謝料については88万円(裁判基準の8割)での和解を提案してきました。

当事務所は、任意の交渉であっても、裁判基準を下回る合理的理由はない旨主張し、結局裁判基準での和解が成立しました。

2逸失利益

被害者は個人事業主で、事業をはじめたばかりという状況であったことから、基礎収入の立証が難しいという事情がありました。

そこで当事務所は、従前の収入の資料を提出した上、被害者が若年(20代)であり、今後は個人事業の増収も見込まれると主張し、概ね賃金センサスに基づく逸失利益の計算が認められました。

依頼者様の感想

お世話になりました。ありがとうございました。(平成25年4月10日掲載)

※プライバシー保護のため、地名については実際にお住まいの場所の近隣ですが実際とは異なる場所を記載してあることがあります。