メニュー

解決事例

事例216頸椎捻挫・左上肢痺れ

会社員男性が、頸椎捻挫後の頸部痛、左上肢痺れについて14級9号の後遺障害の認定を受け、自賠責保険金と併せて約400万円を獲得した事例

保険会社提示額 : 提示前のご依頼

解決額
400万円
病名・被害
  • むちうち(首・腰)
怪我の場所
  • 手・肩・肘
後遺障害等級
  • 14級

事故発生!自動車自動車の事故

平成28年某月、高山さん(仮名・八千代市在住・40代・男性・会社員)が普通乗用自動車に乗って停止中、普通貨物自動車に追突されるという事故に遭いました。

後遺障害と解決まで

被害者は、事故後、頸部痛、左上肢痺れといった症状に悩まされました。

事故直後から当事務所が代理し、通院に関する相手方保険会社との交渉を行いました。特に3か月、6か月時点で治療費の打切りの打診があった際には、交渉し、一括対応を継続してもらいました。

被害者は、事故直後から9か月間懸命に治療を継続し、症状固定となりました。

そこで、当事務所が代理して後遺障害の申請を行ったところ、頸椎捻挫後の頸部痛、左上肢痺れの症状について14級9号の後遺障害の認定を受けました。

その後、相手方保険会社との賠償交渉を行い、既払金を除いて、自賠責と併せて計400万円を受け取る内容で示談をしました。

当事務所が関わった結果

当事務所が依頼を受けた結果、後遺障害が認定され、既払金を除いて、計400万円を受け取ることが出来ました。

解決のポイントは以下の点です。

1整骨院の通院

本件では、被害者は、特に重い頸部痛、左上肢痺れといった症状に悩まされていました。しかし、会社を休むわけにはいかず、通院と並行したいという希望がありました。

被害者は、勤務時間の関係で整形外科のほか、整骨院での通院を希望されていました。また、整骨院への通院を行うことで、左上肢痺れの痛みが緩和され、仕事に行くことが出来るという状況がありました。

そこで、この点を具体的に保険会社に主張し、通院の交渉をしました。結果的に約9か月間にわたって整形外科、整骨院で通院することが出来ました。

2休業損害

休業損害は、基礎となる1日当たりの給与額に、実際の休業日数を掛け合わせて計算されます。

通常保険会社は、1日当たりの給与を算出する際、事故前3か月の給与を90日で割った金額を主張してくることが多いと思います。

しかし、本件では、事故前3か月の給与を勤務実日数で割った金額を主張し、これに基づいた金額で休業損害を認めさせました。

依頼者様の感想

長い間、ありがとうございました。

※プライバシー保護のため、地名については実際にお住まいの場所の近隣ですが実際とは異なる場所を記載してあることがあります。